施設(船舶)概要

要目
  • 船名:摩周丸(MASHU MARU)
  • 船種・用途:汽船・国鉄連絡船(客載車両渡船)
  • 竣工日:1965(昭和40)年6月15日
  • 建造所:三菱重工業株式会社神戸造船所
  • 船主:日本国有鉄道(竣工時)
  • 総トン数:8,327.71トン(竣工時)
  • 船質:鋼製
  • 全長:132m/幅:17.9m/深さ:7.2m/喫水:5.2m
  • 航海速力:18.20 ノット/最大速力:21.15ノット
  • 主機関:ディーゼル/出力:12,800馬力(1,600馬力×8基)
  • 旅客定員:1,200人/乗組員数:50人
  • 搭載貨車:48両(ワム=15トン積み有蓋車=換算)/搭載自動車:12台(乗用車。1967年から)
船歴
  • 1965(昭和40)年6月30日 日本国有鉄道青函航路に就航(船籍地・東京)
  • 1987(昭和62)年4月1日 国鉄分割民営化により北海道旅客鉄道株式会社に移管(船籍地・函館)
  • 1988(昭和63)年3月13日 青函トンネル開業に伴う同航路廃止(3月14日休止、9月19日廃止)により終航
  • 1988(昭和63)年7月9日~9月18日 青函トンネル開通記念博覧会函館開業で展示
  • 1989(平成元)年7月 株式会社函館シーポートプラザに譲渡
  • 1991(平成3)年4月 函館どつく株式会社函館造船所で展示船に改造
  • 1991(平成3)年4月26日 メモリアルシップ摩周丸として営業開始
  • 2002(平成14)年12月 函館市に譲渡
  • 2003(平成15)年4月19日 函館市青函連絡船記念館摩周丸として営業開始
保存状況
  • 保存方法:浮上係留(展示船)
  • 保存地:北海道函館市若松町12番地先公有水面(若松埠頭旧国鉄函館第二岸壁)
  • 施設名:函館市青函連絡船記念館摩周丸
  • 所有者:函館市
  • 指定管理者:特定非営利活動法人語りつぐ青函連絡船の会
  • 館長:石黒 隆(元国鉄青函局長、津軽丸型連絡船設計主任、語りつぐ青函連絡船の会名誉会長、東京在住)
  •